簡単に動画の背景を変えられるアプリ・ソフトおすすめ

撮影された動画の背景を変えたい時、どうすればいいか分からない方が多いでしょう。プロの動画編集ソフトはもちろんできますが、パソコンが苦手な方ならどこから始めればいいか全然分かりません。スマホでそれを行うのは尚更です。ですから、動画の背景を変える方法動画の背景を変えるソフト・アプリをまとめて紹介したいと思います。

動画の背景を合成するアプリ・ソフト

Video Toolbox

対象デバイス:iOS

Video Toolboxはスマホで手軽に動画の背景を変えることができるアプリです。背景を変更する以外に、写真スライドショーの作成、簡単な動画編集、テロップの位置と時間の変更、逆再生、マスク、フィルタやエフェクトの適用などの機能を備えています。

Video Toolbox

「Chroma Key(クロマキー)」>「Let’s Go(開始)」の順でタップして、右下隅にある「Select(選択)」をタップして動画をインポートします。動画の同じ色の部分をアプリ内の柄、またはカメラロールから追加された写真に変えます。合成の精度も調整することが可能です。最後に右上隅の保存タブをタップして背景を合成された動画を保存します。

iMovie

対象デバイス:Mac OS

ここで紹介したいのはデスクトップ版のiMovieです。MacBookにプリインストールされたこの動画編集ソフトはとても使いやすい無料動画クロマキー合成ソフトです。

imovie

iMovieを立ち上げて合成したい動画、または画像と元の動画をインポートします。元の動画をタイムラインに載せてから、合成したい動画、または画像をその上のタイムラインに配置すると、プレビューウィンドウの上に「ビデオオーバーレイ」アイコンが出てきます。それをクリックして「グリーン/ブルースクリーン」を選択したら、完璧に合成します。注意すべきことは、背景の色は洋服とのコントラストが大きいほうがいいです。

KineMaster

対象デバイス:iOS、Android

KineMasterは動画の背景を変えるアプリであり、動画のトリミング、ズーム、回転、音楽の追加、音声の編集などを行うことが可能です。動画の背景を変換する方法は簡単です。

kinemaster

ビデオ追加のアイコンをタップして、画面比率を選択します。「メディア」をタップしてカメラロールから動画をインポートした後で、合成したい画像も追加します。その後、「クロマキー」アイコンをタップしていいです。でも、無料版ではクロマキー機能を使用できないようです。

Enlight Videoleap

対象デバイス:iOS

Enlight VideoleapはiPhoneで動画の背景を合成できる動画編集アプリです。無課金でも基本的な機能を使うことができます。使い方は簡単なので、誰でも直感的に利用することができます。

Enlight Videoleap

アプリを起動し、「+」をタップして動画を選択してインポートします。合成したい写真を「ミキサー」で一枚選んで追加します。編集画面下の「クロマキー」をタップします。すると画像の上に丸い印が表示され、長押ししながら画像の外側に移動させます。丸い印を移動すると共に、写真が徐々に動画に合成されます。

最後に

動画のクロマキー合成ができるアプリ・ソフトを以上紹介しました。他に何か使いやすいアプリやソフトを知っているなら、ぜひコメントを書いて教えてください。お願いします。動画をより完璧に合成するには、撮影する時に単色の背景を選択したほうがいいです。

評価: 4.3 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 動画編集, 関連記事。 前回更新 2019/07/01

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る