画面レイアウトの概要

初心者の方は、BeeCutの画面レイアウトの概要を参考にしてください。

アスペクト比を選択

BeeCutを開くたびにアスペクト比を選択する必要があります。選択後、「ファイル」>「新しいプロジェクト」の順で、他のアスペクト比を選択して変更することもできます。

アスペクト比

メディアエリア

メイン画面に入ったら、「インポート」をクリック、またはファイルやフォルダーをドラッグしてメディアファイルを読み込みます。インポートされた全てのファイルは、メディアエリアに表示されます。左側にテキスト、フィルタ、オーバーレイ、トランジションとオンライン素材があります。クリックして、プレビューします。メディアファイルを右クリックして、「+トラックに追加」を選択、またはトラックにドラッグして追加します。

テキストを追加

プレビューエリア

ビデオや画像を含むメディアファイルは、プレビューエリアでリアルタイムでプレビューすることができます。

編集エリア

編集エリアは、ツールバー、タイムライン、トラック、再生ヘッドで構成されています。

  • ツールバーには、元に戻す、やり直す、編集、分割、削除、ズーム、モザイク、持続時間の設定(オーバーレイ、トランジションなどの時間の設定)、出力などのツールがあります。

    ツールバー

  • 全てのフレームを正確的に編集するため、マウスを使用して、タイムラインをスライドするか、「タイムラインに適するようにズーム」をクリックして、編集の位置をマークします。各フレームはタイムラインにスケーリングすることができます。

    タイムライン

  • 2つのフィルタ、オーバーレイ、テキスト、オーディオ及びPIPトラックを同時に追加できます。これで、動画の効果をより高めることができます。

    トラック

  • 再生ヘッドをドラッグして、編集したい位置をマークします。

    プレイヘッド

評価: 4.3 / 5 (合計5人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: ユーザーガイド。 前回更新 2018/11/28

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る