写真動かす動画を作る方法及び使いやすいソフトおすすめ

動画編集が普及している現在、たくさんの人々が動画を作成してYouTubeなどに投稿しています。様々な効果や素材を動画に加えたいだけなら、殆どの動画編集ソフトが問題なく利用できますが、もし「動画にこの画像を追加してスクロールさせたい」「写真を動かす動画を作りたい」など、画像を動画内で左右移動したり、横スクロールしたりする必要があれば、今回の記事をご参考ください。動画編集画像動かす・イラストを動かすソフトとアプリを紹介したいと思います。

無料ダウンロード
動画内で画像をスクロールさせる

静止画に動きをつけるソフト&アプリ

BeeCut

BeeCutはとても使いやすくて編集機能が豊富に内蔵している動画編集ソフトであり、現在益々人気になっています。一般のトリミングや文字、音楽の追加を除き、PIPや写真動画、コマ送り動画、逆再生動画の作成、クロマキー合成、画面録画と音声録音、文字テキスト相互変換(もうすぐ日本語をサポート)などの高度ツールも用意されています。動画の画像を動かす方法は以下です。

  1. 以下のボタンを押して、BeeCutをダウンロード&インストールします。その後立ち上げます。
  2. 無料ダウンロード

  3. 「インポート」をクリックして動画と画像を導入します。
  4. まずはマウスを素材の上に移動して「+」をクリックして動画をタイムラインに載せます。それから画像をドラッグ&ドロップして2番目のPIPトラックに載せます。そうすれば画像が動画の上に追加されました。
    画像を動画の上に追加
  5. PIPトラック上の画像をダブルクリックして、画像の編集ウィンドウが表示されます。お好きなモーションを選びます。
    動画編集画像に動き加える
  6. プレビューして問題がなければ、「出力」を押して画像スクロールされた動画を保存します。

InShot

InShotは動画編集アプリであり、静止画に動きを付けることができます。デスクトップソフトのように、とても直感的に画像を動画の上にドラッグ&ドロップすることはできませんが、画像をステッカーとして動画に追加し、動きを付けることが可能です。画像や写真スクロール動画を作る具体的なやり方について、以下の内容をご参考ください。

  1. InShotをインストールして起動し、「ビデオ」をタップして動画を選んで導入します。
  2. 「ステッカー」>「イメージマーク」>「カメラロールから選択」の順にタップして、動画に使用したい画像をステッカーとして動画に追加します。
  3. その後「編集」をタップして動きを選びます。
  4. プレビューしてOKだったら右上にある保存マークをタップして、画像にアニメーション効果を付けた動画を保存します。
    動画編集画像に動き加える

Magisto

Magistoは数回タップするだけでとても綺麗な動画が作れるアプリです。その原因と言いますと、Magistoは様々なテーマやbgmが用意され、動画を導入した後テーマや音楽を選んだらすぐに動画に使用されます。動画一枚絵スクロール方法は上記のInShotと一緒で、画像をステッカーとして動画に追加すればいいです。

  1. 絵をスクロールさせるアプリMagistoをインストールして起動して「新しい動画制作」をタップします。
  2. それからテーマとbgmを選んだ後で「追加」をタップして「ステッカー」を選びます。
  3. 「自分メディア」に切り替え、追加したい画像や写真を選択して導入します。
  4. その後動き方を選んだら、プレビューと出力をやります。
    Magisto

後に
動画内画像を動かす方法や動画の中で画像を動かすソフト・アプリは以上でした。スマホアプリはとても便利で、いつ、どこでも利用できるメリットがありますが、もしもっと多い編集機能が必要、そして動画を細かい加工をしたければやはり「BeeCut」というデスクトップ版ソフトがオススメです。

評価: 4.3 / 5 (合計15人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
投稿者:誠 粕谷 投稿日:カテゴリ:おすすめ, 関連記事. 前回更新日:2020/12/17

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!
送信する

コメント (0)

BeeCutを無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!