動画の一場面を止める(フリーズフレームを追加する)方法

動画の中のある場面を一時的に停止して、時間が止まったように見える効果はフリーズフレームと言います。この効果を利用すると、止まった画面は人に強い印象を与えることができます。こうのような動画を作るにはとても難しいと思う方がきっとたくさんいますが、実は非常に簡単です。この記事では、超簡単にフリーズフレームを追加する方法を紹介いたします。

ビデオを一時停止にする方法

普通の方法

タイムラインがある限り、いかなる動画編集ソフトは動画の一部を停止させることができます。

  1. まず、動画の一時停止したい場面から動画を2つに分割します。
  2. 次に、その場面をキャプチャーして、静止画で保存します。
  3. 最後に、分割した2つの動画の間に、保存した静止画を挿入し、静止画の持続時間をご必要に応じて調整します。

一般の方法

動画編集ソフトを利用する

BeeCut

対応OS:Windows、Mac

BeeCutは本当に操作が簡単な動画編集ソフトです。初心者でも直感的に動画を作ることが可能です。基本的な動画編集機能を除き、動画の中に動画を追加したり、動画をMP3に変換したり、動画をGIFとして保存したりすることなども行うことができます。5つのアスペクト比(16:9、9:16、4:3、3:4、1:1)を提供しており、TikTok動画やInstagramへ直接にアップロードできる動画などを作成することが可能です。様々なフィルタやエフェクト、オーバーレイ、テキスト様式が用意され、必要がある時に自由に使用できます。動画を一時停止にする方法は以下です。

  1. 「ダウンロード」ボタンを押して、ソフトをダウンロード&インストールします。

    無料ダウンロード

  2. 「インポート」をクリックして、動画をPCから選んで追加します。

    動画をインポート

  3. マウスを動画素材の上に移動すると、+記号が現れ、その記号をクリックして動画をタイムラインに配置します。

    タイムラインに配置

  4. 止めたい場面に再生して、プレビューウィンドウの「一時停止」をクリックします。タイムラインの上にある「フリーズフレーム」アイコンをクリックして、フリーズフレームを追加します。

    フリーズフレームを追加

  5. フリーズした部分は静止画の状態になりました。その持続時間をドラッグで調整することができます。
  6. 終わったら、「出力」>「ビデオを出力」の順でクリックして、出力フォーマットや解像度などを選択したら保存します。

    出力

Final Cut Pro X

対応OS:Mac

Final Cut Pro XはApple社が開発したプロ向けの動画編集ソフトです。直感的に使えますが、編集の経験がない初心者にとって、ネットで使い方を少し調べてから、ある程度で使えるようになれます。一般の編集機能が全て揃っています。Final Cut Proに比べて見ると、バッチの共有、ビデオのノイズリダクション、タイムコードウィンドウなどの新たな機能を追加しました。映像を一時停止にする方法について、以下の内容をご覧下さい。

Final Cut Pro X

  1. 再生ヘッドを動画のフリーズしたいところに移動します。
  2. 「編集」>「フリーズフレームを追加」をクリックします。
  3. フリーズしたクリップの持続時間(デフォルト4秒)を「環境設定」で変更することが可能です。
  4. 最後は、動画をPCに保存します。

まとめ

動画をフリーズフレームにする方法は以上紹介しました。ご利用している動画編集ソフトを利用して、フリーズフレームを追加したいなら、普通の方法を選んでいいです。もしまだ動画編集ソフトを探しているなら、BeeCutやFinal Cut Pro Xを検討してください。経験がない方々にBeeCutをお勧めします。

評価: 4.3 / 5 (合計6人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 関連記事。 前回更新 2019/07/17

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る