最高の動画から雑音を除去する方法

撮影した動画の中に雑音が入ていることは避けないでしょう。その動画を加工してYouTubeなどの共有サイトに投稿したければ、雑音を削除したほうがいいです。けれど、どうすればいいでしょうか。この記事では動画からノイズを消す方法をご紹介いたします。

まとめて知りたい:
ティックトックライブ壁紙を設定する方法
横向きの動画を縦向きにする方法おすすめ

動画からノイズを除去するフリーソフト・アプリ

VLC

VLCはあらゆる動画や音声フォーマットをサポートしているメディアプレーヤーであり、再生時にリアルタイムでアスペクト比の変更、明るさやコントラストの調整、映像の回転、ノイズ除去など様々な操作を行うことが可能です。ノイズ除去機能を利用して、簡単に動画の雑音を軽減することができます。

  1. VLCをPCにインストールして立ち上げます。
  2. 「メディア」>「ファイルを開く」の順でクリックして、動画を導入します。
  3. 「ツール」>「設定」の順で選択して、「オーディオ」を選択します。
  4. 「出力モジュール」のドロップダウンメニューで「WaveOutオーディオ出力」を選んで「保存」を押します。
  5. 最後に、プレビューしてノイズを消した効果を確認します。満足しない場合、「出力モジュール」のドロップダウンメニューで「Windowsマルチメディアデバイス出力」或いは「DrectXオーディオ出力」を選択してみてください。
    VLC

iMovie

iMovieはAppleユーザーに提供している無料動画編集ソフトです。トリミングや回転、BGMの追加などの一般的な機能から、PIP、逆再生などの流行っている機能まで、動画編集に関する実用的な機能を全て備えています。皆さんが分からないかもしれませんが、実はiMovieを利用して動画のノイズを消すことができます。

  1. iMovieを実行して雑音を消したい動画をインポートします。それから動画をビデオトラックに載せます。
  2. プレビューウィンドウの上部にある「ノイズリダクションおよびイコライザ」をクリックして「背景ノイズを軽減」にチェックを入れます。
  3. 調整バーを右にドラッグすれば、ノイズを軽減できます。(100%は最大限にノイズをなくすことを意味します)
  4. 最後に、動画を保存します。
    iMovie

AudioFix

AudioFixは動画のノイズを消すアプリです。それ以外に動画の音声を拡大したり、音声を強調したり、オーディオを抽出したり、音を消したりすることなどの操作を行うことが可能です。動画の雑音を除去できますが、課金が必要な機能もあります。

  1. AudioFixを入手してインストールします。その後起動します。
  2. カメラロールからノイズを消したい動画を選んで導入します。「風音除去」、「ヒス音除去」、「オーディオ・フィクス」の中で、ニーズに合わせて選択、画面底部の調整バーを左にドラッグすれば、ビデオのノイズを小さくします。「比較」を長押しして、雑音を除去前後の動画を比較できます。
  3. 最後に、右上隅にある保存アイコンをタップして動画を保存します。
    AudioFix

ご注意:課金しない場合、動画を保存できないかもしれません。

まとめ

動画背景の雑音を消す方法、ビデオノイズ除去ソフト・アプリの紹介は以上でした。MacユーザーならiMovieは一番の選択だと思います。VLCはWindows、MacOS上でも使用できる無料で動画のノイズを除去するソフトです。AudioFixはiOSとAndroid両方に対応していて便利ですが、いくつかの機能に制限があります。

評価: 4.3 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 関連記事。 前回更新 2019/09/20

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る