Windows10の動画編集ソフト(有料/無料)10選

動画編集ソフトは本当に多くて、どれが一番使いやすいか、どんな違いがあるのかを判断することは非常に難しいではないでしょうか。Windows10のユーザーは使える動画編集ソフトは何がありますか。上記の問題を答えるために、今回はWindows10向けの動画編集ソフト(無料/有料)を厳選して、皆さんにまとめて紹介したいと思います。

無料ダウンロード
Windowsで動画編集

Windows10で動画編集できるソフト

Windows10用の動画編集ソフト(有料)

BeeCut

BeeCutは初心者向けWindows10動画編集ソフトであり、Windows、MacOS両方に対応しています。初心者向けとは言え、トリミング、回転、クロップ、音楽やテキスト、モザイクの追加、切り替え効果やフィルタの適用などの一般的な機能に加えて、逆再生、PIPや写真スライドショー、コマ送り動画の作成、フリーズフレームなど、高度な編集機能も内蔵しています。

メリット:

  • 使い方は簡単
  • MP4、AVI、3GP、WAV、MP3など様々な動画と音声フォーマットをサポート
  • Windows、MacOS、Android、iOSに対応

デメリット:

  • 無料体験版で出力された動画に透かしがある

ヒント:無料でもBeeCutの全機能を利用することができ、制限や試用期間などがありません。

MovieStudio

Sony Creative Softwareが開発されたMovieStudioは、高スペックのパソコンではなくても利用できる、高度な編集機能をたくさん備えているWindows10動画編集ソフトです。動作は非常に軽くて速いです。しかし、使い方は比較的に難しいので、初心者ならガイドが必須です。

MovieStudio

メリット:

  • 動作が軽くて編集機能が多い
  • 高度なスペックは不要

デメリット:

  • 30日しか無料で使用できない
  • 操作はちょっと難しい

VideoPad

VideoPadはWindows10の動画編集ソフトであり、トリミング、ノイズ低減、回転、特殊エフェクトや切替え効果の適用、音楽やテキスト、ナレーションなどの追加と編集、クロマキーなどの操作を行うことができます。以前は無料でしたが、現在有料ソフトになりました。

VideoPad

メリット:

  • Windows、MacOSに対応している
  • 編集機能は多い

デメリット:

  • エクスポートの時間が長い
  • 使いこなすまで時間がかかる

LightWorks

LightWorksは人気Windows10動画編集ソフトです。初心者でも経験者でも愛用されています。様々な音声、画像素材が用意され、必要な時に自由に利用できます。一般の画質の動画でも4K画質の動画でも作成できます。されに、最新バージョンでは新しいフォーマットに対応しています。

LightWorks

メリット:

  • 音声や画像素材がたくさん提供
  • 一般から高度な編集機能が内蔵

デメリット:

  • 日本語に対応していない
  • 初心者にとって使い方は難しい

PowerDirector

Windows10向け動画編集ソフトPowerDirectorは、基本から高度までの編集機能を搭載しているので、初心者から上級者まで利用できます。使い方は簡単ではないですが、公式サイト上でたくさんのチュートリアルが用意しているから、学ぶことができます。プロっぽい動画を作成したければこれがオススメです。

PowerDirector

メリット:

  • 一般から高度までの編集機能を内蔵
  • 公式サイトでチュートリアルがたくさん用意

デメリット:

  • 経験がない方々は使いこなすまで時間がかかる

Windows10動画編集フリーソフト

フリーオンライン動画エディター

フリーオンライン動画エディター」は無料のWindows10動画編集ソフトです。動画編集サイトですので、ネットワークがある限り、デバイスを問わずに利用できます。動画をGIFへの変換、音声取り出す、動画繋げる、トリミング、回転、クロップ、画面キャプチャー、再生スピード変更、分割、動画音声消しの全部で10個の機能を搭載しています。使用上の制限はなくて、出力された動画にロゴマークもないため、最高のオンライン動画編集ソフトだと言えます。

フリーオンライン動画エディター

メリット:

  • 制限やロゴマークなし
  • 使い方が非常に簡単
  • 処理スピードがとても速い

デメリット:

  • 高度な編集機能はない

Clipchamp Create

同じく動画編集WebサービスClipchamp Createも、Windows10用の無料動画編集ソフトとして使えます。公式ページを開いたら、デスクトップ版ソフトのようなメイン画面が表示され、タイムライン上で動画を編集できます。基本的な機能、例えばトリミング、音楽やテキストの追加、フィルタの適用、回転などを行うことが可能です。

Clipchamp Create

メリット:

  • 直感的に使える
  • PCソフトのようなインタフェースを持っている
  • 出力されて動画にロゴがない

デメリット:

  • 日本語に対応していない
  • 一般の編集機能しかない
  • 解像度が高い動画を出力するために、有料会員になる必要

AviUtl

Windows10対応の無料動画編集ソフトと言えば、映像を編集するに有名なAviUtlを紹介しなければなりません。編集機能は非常に多くて、拡張すればより多くの機能やエフェクト、特殊効果が増えます。数多くのYouTuberがそれを使って素晴らしい動画を作りました。初心者にとって操作は複雑ですが、ちゃんと学んだら使えるようになることができます。

AviUtl

メリット:

  • 機能が多くて拡張性が高い
  • 無料でプロ並みの動画を作成できる

デメリット:

  • 使いこなすまでたくさんの時間がかかる
  • インストールとインポートは複雑

Avidemux

Avidemuxは便宜さと処理速度を重視して設計されている、ロゴなしのWindows10動画編集無料ソフトです。たくさんの動画形式をサポートしているので、インポートする時に動画の形式に心配する必要がありません。トリミング、リサイズ、動画変換、クロップ、黒ベタ追加、回転、字幕合成、音ズレ補正などの実用的な機能を豊富に内蔵しています。

Avidemux

メリット:

  • 編集機能が多い
  • ほぼ全ての動画形式をサポート

デメリット:

  • いくつかの機能を使用する場合は,ネット上でチュートリアルを探す必要がある
  • 使いこなすまで時間がかかる

VideoProc(無料版)

VideoProcはやり方が非常に簡単な初心者向けWindows10の動画編集ソフトです。圧縮やフィルタ、エフェクトの適用、色相、彩度、明度の調整、色調補正、フォーマット変換、クロッピング、画面回転反転、動画連結、音声入れ替え、音声抽出などの機能を内蔵しています。基本的に数回のクリックだけで出来上がりますので、初心者に強くお勧めします。

VideoProc

メリット:

  • やり方は簡単
  • 一般の編集機能が備えられている
  • 動画の読み込みスピードが速い

デメリット:

  • 無料版は使用上に制限がある

まとめ

Windows10動画編集ソフト(無料/有料)を10本紹介しました。それぞれのメリットとデメリットも書いてありますので、ご自分のニーズに合わせて選択してください。もし他に何か聞きたいことがありましたら、お気軽にコメントしてください。

評価: 4.3 / 5 (合計20人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCutを無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る