Mac用の動画編集ソフトTop3

スマホ、或いはビデオカメラなどを利用して、動画を撮影している人々は年々多くなっているため、動画編集のニーズも高まっています。Windows向けの動画編集ソフトは色々ありますが、何かMac用の初心者向けの良い動画編集ソフトがあるのでしょうか。この質問に答える為に、Mac用の動画編集ソフトをおすすめしたいと思います。

Macで使える動画編集ソフト

BeeCut

対応OS:Mac OS、Windows、iOS、Android

BeeCutは編集機能を豊富に備えており、初心者から中級者向けのMacビデオ編集ソフトです。カットや結合、モザイクやテキスト、音楽の追加などの基本的な動画編集に必要な機能はもちろん、フリーズフレーム(動画の一場面を止める)やPIP(ピクチャーインピクチャー)、オープニング動画の作成なども行うことができ、本格的な動画を自作することが可能です。

無料ダウンロード

さらに、9:16(スマホ縦動画)、16:9(ワイド)、3:4、4:3、1:1(Instagram動画)の5つの画面比率が提供され、異なるSNSへ直接に投稿できる動画が手軽に作れます。

BeeCut

メリット:

  • 操作が簡単
  • 画面比率がたくさん提供されている
  • 対応している動画、音声形式が多い
  • たくさんのデバイスで利用可能

デメリット:

  • 無料バージョンで出力された動画にウォーターマークがある

iMovie

対応OS:Mac OS、iOS

iMovieはAppleが提供したMacの無料動画編集ソフトです。MacBookやiPhone、iPadにプリインストールされています。動画や写真の取り込み、基本的なトリミング編集、音楽の挿入、音声の編集、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果の適用、ピクチャーインピクチャー、手振れ補正など、無料とは思えないほど充実した機能を持っています。

iMovie

メリット:

  • 無料で使える
  • 直感的に操作できる

デメリット:

  • テキストの編集が弱い
  • Mac OS、iOS以外のシステムで利用できない

VideoPad

対応OS:Windows、Mac OS、iOS、Android

VideoPadは比較的に初心者でも簡単に扱えるMac動画編集ソフトです。元々は無料でしたが、有料になりました。一般的の編集機能だけでなく、音声の編集、手振れ修正、クロマキーなどの高度な編集機能もあります。さらに、DVDディスクへの書き出しやiPhone、PSP形式での保存、YouTubeやFacebookへのアップロード機能も用意されています。

VideoPad

メリット:

  • 編集機能を豊富に持っている
  • エフェクト、トランジションをカスタマイズできる

デメリット:

  • 無料版の一部の機能を使うには有料版を購入する必要がある

まとめ

Mac向けの動画編集ソフトはまだまだありますが、ここで紹介した3本のソフトは操作がとても簡単で、経験がない方々でもすぐに使いこなせます。この中で一番おすすめしたいのは「BeeCut」です。初心者の入門用としては最適であるのみならず、本格的な動画を手軽に作成できます。動画編集に興味がある方はぜひお試しになってください。

評価: 4.3 / 5 (合計9人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 関連記事。 前回更新 2019/03/19

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る