簡単にクレジットタイトルを自作する方法

クレジットタイトル(エンドロール)とは、映画やテレビ番組において、キャスト(出演者)、スタッフなどの名前を表示する字幕です。一般的に、映画が終わる時、クレジットタイトルが流れます。映画エンドロールを作ることは難しいと思っている方は多いですが、実はとても簡単です。この記事では、映画のスタッフロールが作れる3つのプログラムを紹介したいと思います。

映画エンドロールを作成するプログラム

BeeCut

対応OS:Windows、Mac OS、iOS、Android

BeeCutは高度な編集機能を備えている割には、初心者でもすぐに使いこなせる操作が簡単な動画編集ソフトです。動画のトリミング、字幕や音楽の追加、Tik Tok動画の作成を始め、様々な操作ができます。たくさんの文字スタイル、アニメーション化されたテキスト、クレジットタイトルも提供されております。動画の最後にエンドロールを流す方法は以下です。

  1. 「ダウンロード」ボタンをクリックして、BeeCutをダウンロードして、インストールします。無料ダウンロード
  2. ソフトを立ち上げて、「インポート」をクリック、または動画をメディアエリアにドラッグ&ドロップします。動画をインポート
  3. マウスを動画の上に置くと、+が現れ、それをクリックして動画がタイムラインに配置されます。タイムラインに配置
  4. 再生ヘッドをエンドロールのところに移動します。「T(テキスト)」をクリックして、「EndStyle1」の右下にある+記号をクリックして選びます。テキストを選択
  5. タイムライン上の「T」をダブルクリックして文字を入力したり、編集ダイアログボックスでテキストのサイズや色、モーションなどを設定したりすることができます。「T」の枠線をドラッグして、字幕の持続時間を調整できます。「モーション」の下で、「UpRoll」を選択してください。終わったら「OK」をクリックします。クレジットタイトルを編集
  6. プレビューして問題がなければ、「出力」>「ビデオを出力」をクリックして、出力先や解像度などを設定した後で、書き出します。出力

iMovie

対応OS:iOS、Mac OS

iMovieは言わなくても分かるとても人気があるフリー動画編集ソフトです。iPhoneやiPad、MacBookユーザーは、手軽に動画を作成することができます。iMovieが提供しているタイトルの中で、「エンドロール」があり、それを利用したらクレジットタイトルを作成できます。

  1. iMovieを立ち上げて、動画をインポートします。
  2. 動画を下のタイムラインにドラッグ&ドロップします。
  3. 「タイトル」をクリックして、「エンドロール」を選び、追加したいところにドラッグ&ドロップして配置します。タイムライン上のテキストをダブルクリックして、文字を入力します。テキストの枠線をドラッグして、エンドロールの表示時間を変更できます。iMovie
  4. 終わったら、動画を出力します。

Cute CUT

対応OS:Android、iOS

Cute CUTはクレジットタイトルが作れるアプリです。かなり多機能ですが、簡単に操作ができるため、心配する必要がありません。インタフェースと編集操作はPowerDirectorに似っています。映画のエンドロールの作り方は以下です。

  1. Cute CUTを起動して、左上隅にある「+」をタップしてプロジェクトを作ります。プロジェクトを作成
  2. 解像度や画面比率、背景色などを設定したら、右上の「完了」をタップします。
  3. タイムラインの左にある「+」をタップして、動画、または写真を選択してインポートします。動画をダブルクリックした後で編集できます。終わったら左下隅のチェックマークをタップして確認します。動画を書き込む
  4. もう一度タイムラインの左の「+」をタップして、今度は「テキスト」を選択してください。テキストを直接に入力します。文字色は、「A」という箇所で変更できます。
  5. 魔法の杖のようなアイコンをタップして、「+」記号をタップし、「下にイン」を選択します。もう一度「+」記号をタップして「上にアウト」を選択します。終わったら左下のチェックマークをタップします。テキストの持続時間を調整したいなら、テキストの左、または右の丸いアイコンを押したままドラッグします。テキスト全体を押したままドラッグして字幕の位置を変えます。クレジットタイトルを編集
  6. ここまで、クレジットタイトルを作成しました。プレビューしてOKだったら、右上の保存アイコンをタップして、「アルバムにエクスポート」、それとも「メールで送信」などを選択します。

まとめ

以上は動画の最後にエンドロールを流す方法の紹介でした。これらのプログラムを利用すると、手軽に映画のようなクレジットタイトルを作成することができます。パソコンで作りたいなら、「BeeCut」がおすすめです。Windows、Mac OS両方に対応できて便利です。スマホで作りたいなら、多機能の動画編集アプリ「Cute CUT」をぜひ試してください。

評価: 4.8 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar
著者: 関連カテゴリ: 関連記事。 前回更新 2019/09/09

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut - 素晴らしいビデオを手軽に作成!

無料ダウンロード

今すぐお試し!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る