動画の顔を隠す無料アプリ・ソフトオススメ5選

YouTubeやFacebook、InstagramなどのSNSに、撮影した動画を投稿する時、よく自分や友人の顔が撮されていますよね。不正利用されたり、個人情報漏れなど、プライバシーの侵害に特に気を付けなければなりません。今回では、動画の中で、モザイク・スタンプなどで動画の顔を隠すアプリ・ソフトを5本選んで、みなさんにご紹介していきたいと思います。

無料ダウンロード
動画の顔を隠す方法

【オススメ関連記事】>>> 超簡単!動画をトリミングする方法
【オススメ関連記事】>>> ビデオを反転・回転する方法ベスト3

画像で動画の顔を隠すソフトTop5

Inshot

Inshotはビデオ・写真の編集や加工ができる人気の動画作成スマホアプリです。動画のトリミングと結合、音楽、エフェクト、ナレーション及びステーカーやスタンプの追加など、豊富なサービースが提供されています。Inshotを使えば、簡単に動画の中で、スタンプで顔隠しができます。

  1. アプリストアでInshotを検索して、スマホ端末にダウンロードして、インストールします。
  2. アプリを立ち上げて、メイン画面で「ビデオ」をタップして、動画ファイルを導入します。顔にモザイクする方法
  3. 「ステーカー」アイコンをタップして、好きなステーカーやスタンプを選んで、動画に追加します。ドラッグして、顔にのせて、サイズを調整すれば、顔を隠すことができます。動画編集顔のぼかし処理
  4. 右上のシェアボタンを押して、顔が隠された動画をスマホに保存したり、そのままInstagramやYouTubeに投稿したりすることができます。

Snow

Snowは美顔効果及びメイク機能付き、スマホ用の自撮りカメラアプリです。犬や猫、おばけやゾンビなど様々なキャラクターに変身できる、3000種以上の顔認識スタンプ、60種以上のフィルタ、自撮り補正など、多機能なARカメラアプリでもあります。カメラを構えるだけで、顔認識スタンプを適用して、簡単に顔を美しく仕上げたり、隠したりすることができます。

  1. アプリストアからSnowをダウンロードして、インストールします。
  2. アプリを開いて、Line、Facebookのアカウントやメール認証を行って登録します。顔認証スタンプで隠す
  3. ビデオモードに切り替えてから、「スタンプ」アイコンをアップして、好きな顔認証スタンプを選んだら、カメラで映し出されている顔をリアルタイムで認識して、顔にスタンプをかけることができます。
  4. 真ん中の撮影ボタンを押して、スタンプを顔にかけるままで動画を撮ります。好きなフィルタを動画に適用することもできます。動画の顔自動認識
  5. 「完了」をタップして、スマホに保存したり、InstagramやLineにシェアしたりすることもできます。

動画変換マスター

「動画変換マスター」は超高速で動画をいかなるフォーマットに無劣化変換できるソフトです。動画変換以外に、動画クリップの編集、ビデオコラージュ、スクリーン録画などの機能も備われています。「動画変換マスター」では、簡単に動画の顔にスタンプを貼れたり、隠したりすることができます。

  1. 下のダウンロードボタンをクリックして、「動画変換マスター」をローカルにダウンロード&インストールします。無料ダウンロード
  2. ソフトを立ち上げて、赤い枠内に動画ファイルをドラッグ&ドロップして、インポートします。また「+ファイルを追加」を押して、インポートするのもいいです。動画の顔を隠す方法
  3. 「編集」ボタンを押して、動画のトリミング画面に入ります。動画の顔にスタンプを貼れる
  4. 「透かし」タブに切り替えて、「…」をクリックして、スタンプファイルを読み込みます。ドラッグして、画像のスタンプファイルを顔の上にのせて、サイズを調整して、顔を隠します。「OK」をクリックして、変更を保存します。モザイク・スタンプで動画の顔を隠す
  5. メイン画面で「変換」をクリックして、顔を隠した動画ファイルを書き出します。

BeeCut

BeeCutは多機能搭載のWindows・iOS両方のシステムに利用可能で、動画の顔を隠すこともできる動画編集ソフトです。動画の切り取り横向きから縦向きに変更動画画面拡大、削除、結合、字幕やBGM、スタンプ、モザイクの追加、フィルタとエフェクトの適用など、さまざまな動画編集機能が一通り備われています。モザイク・スタンプで動画の顔を隠すにピッタリのツールです。BeeCutを使って、顔を隠す方法は以下です。

  • 下記のボタンをクリックして、ダウンロード&インストールの作業を行います。無料ダウンロード
  • ソフトを立ち上げて、「インポート」>「ファイルをインポート」をクリックして、動画や画像ファイルをインポートします。マウスをファイルの上に置くと、「+」マークが表示され、それをクリックして、動画ファイルをメイントラックに追加します。スタンプで顔隠し
  • 方法一:画像・スタンプで顔を隠す

  • 画像ファイルをPIPトラックに配置して、「編集」をクリックして、画像やステーカーを移動して、顔を隠します。「マスク」機能を利用すれば、画像をより自然的に動画の中の顔を隠すことができます。「OK」を押して、変更を保存します。画像で顔を隠す方法
  • 方法二:モザイクで顔隠し・顔ぼかし

  • 「モザイク」をクリックして、「追加」ボタンでモザイクを動画に追加します。パーセントバーでピクセルの調整ができます。右の再生ウィンドウで顔ぼかしの効果をリアルタイムでプレビューすることが可能です。「OK」を押して、設定を保存します。動画の顔を隠すソフト・アプリ
  • 「出力」>「ビデオ出力」の順でクリックして、モザイク・スタンプで顔を隠した動画ファイルを書き出します。

YouTubeエディタ

新たにYouTubeエディタに追加された「ぼかし効果」は、アップロードした動画に直接ぼかし加工ができるようになりました。この新機能を使えば、動画をアップロードした後でも、簡単且つ便利に顔隠しや見せたくない部分を隠すことができます。なので、もともとのビデオは個人情報が映っていても大丈夫で、とても楽です。

  1. YouTube Studioのダッシュボードを開いて、「エディタ」タブに切り替えます。編集トラックで「ぼかしを追加」をクリックします。youtubeぼかし
  2. ぼかし処理画面では「顔のぼかし処理」と「カスタムぼかし」の2種類があります。「顔のぼかし処理」は、自動的に顔を検出し顔隠しやぼかし加工をしてくれます。「カスタムぼかし」は、ぼかしを入れたい範囲を指定し、その範囲に自動で「ぼかし加工」をしてくれます。ご自分の必要で、選択すればいいです。ぼかし種類を決めたら、「編集」をクリックして、動画の顔を隠したりするなどのぼかし処理が自動的に行われます。youtube顔ぼかし
  3. 最後に「保存」ボタンをクリックして、ぼかし処理を保存します。

後書き

以上は、動画の顔を隠すことができるソフト・アプリ及びその顔を隠す方法の紹介です。いかがでしょうか?一見難しそうな編集作業は簡単に実現できますよね。動画投稿する時、個人情報やプライバシーの保護もできるので、みなさんもぜひ上記の動画の顔を隠すことができるソフトを使ってみてくださいね。

評価: 4.3 / 5 (合計26人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る