スマホやPCで動画を明るくする方法ベスト5

動画編集アプリで撮影したビデオを加工する時に、元の動画が明るすぎたり暗すぎたりして、その効果が思うような仕上がりにならない時はありませんか。暗い動画を明るくする、または動画の露出補正の方法はご存知でしょうか。この記事では、スマホやPCで動画の明るさを調整する方法をまとめて紹介していこうと思います。

無料ダウンロード
動画の明るさを編集

まとめて知りたい:
最高の動画から雑音を除去する方法
Windows10の動画編集ソフト(有料/無料)10選
(ロゴなし)オンライン無料動画エディター3選

暗い動画を明るくする方法

フリーオンライン動画兼音声変換ソフト

フリーオンライン動画兼音声変換ソフトは、メディアファイルを人気フォーマットにオンラインで高速変換できる無料ウェブサイトです。オンラインサービスなので、ダウンロード及びインストールの必要もなく、インターネットに繋げば、手軽に暗い動画を明るくすることができます。このツールで、動画の明るさを調整する方法は以下です。

  1. 公式サイトを開いて、「ファイルを選択して起動」をクリックします。
  2. 動画ファイルをアップロードしたら、鉛筆マークの「編集」ボタンをクリックします。
  3. 「効果」項目のドロップダウンメニューから「明るくする」を選択します。「OK」を押して編集を保存して、メイン画面に戻ります。最後に「変換」を押せば、動画が出力されます。

Adobe Premiere Clip(iPhone)

Adobe Premiere ClipはiPhone用の無料のビデオエディターです。撮影した動画を簡単に編集と共有することができます。動画の不必要な部分をカットしたり、明るさを調整したり、トランジション、スローモーションなどを使ったりすることも可能です。Adobe Premiere Clipで動画を明るくする方法は以下です。

  1. アプリストアでAdobe Premiere Clipを検索して、iPhoneに入れます。
  2. アプリを開いて右上の「+」をタップして、編集したい動画を選択して導入します。
  3. カスタム編集をクリックして、左下のマークをタップすると、露光量、ハイライトなどを調整するスライドバーが表示されます。ボタンを右側に移動させるとオーバー(明) に、左側へはアンダー(暗)に調整できます。暗い動画を明るくする

VivaVideo(Android/iPhone)

VivaVideoは動画の編集機能とビデオカメラを搭載したSNSアプリです。Androidスマホでも、iPhoneでも両方に使えます。動画サイズの調整、BGMとエフェクトの追加、倍速、アフレコなど高度な編集機能が満載されています。もちろん、動画を明るくしたり、暗くしたり、明るさの調整もできます。スマホ(iPhone/Android)でVivaVideoを使って、動画補正の手順は以下です。

  1. アプリをインストールしたら、起動して、動画をインポートします。
  2. 「クリップ編集」をタップして、ツールバーを左へスライドして、「調整」を選択します。スライドバーで明瞭度やコントラストなどを調整します。チェックマークを押して、調整を保存します。暗い動画を明るくするアプリ
  3. 最後に、左上にある「保存/投稿」をタップして、携帯に保存したり、アプリに共有したりすることができます。

注意:VivaVideoで動画の明るさを調整するのはVIP機能で、課金される場合があるので、ご注意ください。

iMovie(Mac)

MacPCにプリインストールされた無料の動画編集ソフトiMovieは、動画の明るさを補正することもできます。基本的な動画の切り取り、テキストとBGMの追加、フィルタとエフェクトの適用なども簡単にできるので、Macユーザーにおすすめです。下の手順に従って、iMovieで暗い動画を明るくします。

  1. iMovieを開いて、動画素材をタイムラインに挿入します。
  2. 動画をダブルクリックすると、調整用のツールバーが現れます。
  3. カラーパレットのような「色補正」は動画の明るさを調整する機能です。シャドウを調整して、暗い領域を明るくしたり、コントラストを調整して、明暗領域の差を増減したりすることができます。iMovie明るさを補正

BeeCut(Windows/Mac)

BeeCutはWindowsとMacPC両方に利用できる多機能搭載の動画編集ソフトです。シンプルなインターフェースで使い方も簡単なので、初心者の方でも楽に使用できます。動画の分割、削除、字幕やBGMの追加、明るさやコントラストの調整などの基本的な編集機能から、スローモーション、フリーズフレーム、ピクチャ・イン・ピクチャなどの高度な編集機能まで、豊富に搭載されています。BeeCutで動画を明るくする方法は以下を参考してください。

  1. 下のボタンをクリックして、BeeCutをパソコンに入れます。無料ダウンロード
  2. 素材ファイルをドラッグ&ドロップしてメディアエリアにインポートして、「+」マークをクリックして、動画をトラックに載せます。
  3. 鉛筆のような「編集」アイコンをクリックして、左上側の編集ウィンドウで「輝度」(明るさ)を左右にドラッグして、調整します。最後に「出力」ボタンで動画を書き出します。動画を明るくする

まとめ
以上はスマホやPCで動画を明るくするおすすめアプリ及び方法の紹介です。アプリを端末に入れたくない場合、フリーオンライン動画兼音声変換ソフトがおすすめです。Adobe Premiere ClipとVivaVideoは暗い動画を明るくすることができるアプリで、スマホで動画の明るさを調整する場合、こちらを利用してください。MacOSのパソコンで動画の明るさを補正する場合、iMovieが定番です。WindowsPCのユーザーなら、MacとWindows両方に使えるBeeCutをお勧めします。

評価: 4.3 / 5 (合計22人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
avatar

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

BeeCut無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

Facebookでフォロー
Twitterでフォロー
new
Faq
サポート
共有
レビュー
コメント
最初に戻る